ガチで評判のED治療薬!俺のバイアグラとシアリスの鉄板話

ED治療薬の歴史

1999年に誕生し日本では安全性が全く確認されていない偽物の販売や心臓に疾患を抱えている男性の誤った服用によって死亡事故などの症例もあり社会問題ともなり当初は夢の薬とまで言われた男性の勃起不全を治療することのできるバイアグラとは、勃起を抑制している酵素の働きを阻害する作用と陰茎に多くの血液を集めるための血管拡張作用の2つの作用があるED治療薬であり、現在に至るまでに他にも2種類の治療薬が誕生しており、作用を同じくして成分を変えることで効き方や効果を持続する時間などが改善され、より男性が服用にあたっての負担を軽減させることが性行為を満足にできるようになり、勃起力を回復させることができます。
バイアグラの次に2004年に登場し持続時間や効き始めまでの時間を短縮することができる薬として登場したのがレビトラであり、即効性が全ての治療薬の中で最も高く、服用してから男性が効果を実感するまでに15~20分ほどとなり、急な誘いや性行為をすることになっても多く状況で活躍することのできるものとなり、今までは5時間ほどの作用時間だったものが約10時間の有効時間となり持続性が2倍にもなり、レビトラの使用によって時間を気にすることなく性行為を楽しむことができるようになりました。
また副作用も同様に血管拡張に伴い現れる顔が赤くなる火照りや目が充血するなどの症状があり、効き始めを知らせる合図とも言える症状がみられます。
そして最後に2007年に登場したのがシアリスであり、2つの治療薬の欠点である食事をすることで効き目が不安定になってしまう欠点を改善し、約800キロカロリーまでの食事であれば食事制限のなく服用することができる治療薬であり、世界的にももっとも愛用者が多い人気トップクラスのED治療薬になります。
食事の影響を少なくした以外にもこの薬の特徴として持続時間が非常に長く約36時間もの有効な時間があるため1日半もの間、性的刺激や興奮があれば勃起することができ、シアリスは勃起不全であることを感じさせない特徴も持っています。
それぞれ特徴があり有効性もあり安全性も確認されちえる治療薬となるので、男性のセックスライフに合ったED治療薬を選択し治療に役立ててください。